新婚活応援キャンペーン(入会金1万円OFF)

【婚活ブログ】アラフォー女がアプリで出会った38歳エンジニア(Omiai3人目)

アネマリ結婚相談所の宮﨑なおです。

なお
なお

アラフォーで遅まきながら婚活開始→マッチングアプリで惨敗→IBJの相談所に移籍し40歳で無事成婚した仲人です。

38歳、Omiaiで始めてみた婚活。

アポ1人目の41歳医師はまさかの援交ロリおじさん、アポ2人目の42歳音楽業界フリーランスは会ってみたら歯が真っ黒&人生設計甘々で相容れないもの感じた私。

続いて出会った3人目は、同い年38歳のエンジニアでした。

エンジニアというと、元IT企業勤務の私にとっては仕事上で関わりも多かった職種。馴染み深さと尊敬の念があります。

少なくとも、1人目・2人目ほどにかけ離れた異業種の男性ではない。そんな点に親しみやすさを感じてマッチングしてみたのでした。

Omiaiでアポした人

【1人目】41歳・医師
【2人目】42歳・音楽業界フリーランス
【3人目】38歳・エンジニア←今回はこの話!
【4人目】46歳・Web制作会社役員

※個人の特定を避けるため、お相手情報には若干のデフォルメを入れております。

謙虚なプロフィール文が印象的、筋肉質なエンジニア

ある朝、Omiaiに届いた”いいね”。

通常”いいね”は有料(ポイントが必要)ですが、Omiaiでは毎朝ピックアップされるオススメ会員(複数)に無料で”いいね”を送れるチャンスがあります。※記憶違いだったらすみません。

そのため、朝になるとワーッと複数男性から”いいね”が届くことがありました。男性が「数打ちゃ当たる」作戦で手当たり次第送ってきているであろう、期待薄な”いいね”。

38歳エンジニアは、その中の一人でした。

写真は、キリッとした濃いめの顔のどアップが1枚。例えるなら、鋭いゴリラ顔といった感じ。

顔写真しかなかったものの、体型の欄は【筋肉質】が選択されていました。

ソース顔の38歳エンジニア

(顔の濃い、ちょっとマッチョなエンジニアかな?)

そんなビジュアルに似合わず、プロフィール文はとても微笑ましく謙虚なものでした。

  • 根っからのプログラミング好きである
  • 仕事でもプライベートでもプログラムを楽しんでいる
  • これまで一人で楽しく過ごしてきたが…
  • 一緒に出かけたり何かを楽しむお相手が欲しいと思い始めた
  • 実は僕は恋愛経験が少ない
  • 経験不足でお相手には迷惑をかけるかもしれない
  • そんな僕だが、ぜひ一度お話させてくれると嬉しい

いわゆるオタクなんでしょうか。文章からは純粋さ・素直さが滲み出ています。

本来ならマイナスになりそうな”恋愛経験の少なさ”も、こうして格好つけずに正直にカミングアウトすることで、プラスに転じて好印象でした。

ちなみに、年収800万円と記載されています。悪くはない額だと思います。

(プログラミング一筋で優秀。だけど恋愛はちょっと苦手、って感じかな?)

私は38歳エンジニアにそんな人物像を抱き、”いいね”を返してマッチングしてみました。

先述の通り、毎朝恒例の大量”いいね”の一つだったので、特に返信も期待していなかったのですが、すぐにマッチングのお礼が来ました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

はじめまして。マッチングありがとうございます。(名前)といいます。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今から始業なので、またあとで連絡させて頂きます!

朝のマッチングだったので一旦お礼と自己紹介のみ。本格的なメッセージのやり取りは、その日の夜に始まりました。

いい人だけど…、全然広がらない会話

38歳エンジニア
38歳エンジニア

お疲れ様です。先ほど仕事が終わりました!

お互いに1日の疲れをねぎらう形で始まったメッセージやり取り。しかし、すぐに違和感が…

これまでの41歳医師や42歳フリーランスだと、向こうからの自己開示とともに私への質問もあり、私がそれに返して同時に質問もする。

そうやってどんどん会話が広がり、お互いがお互いを知っていくわけですよね(例えば、出身地とか趣味とか仕事とか)。

しかし、この38歳エンジニアにはそれがない。

決して悪い人でもなく、質問すれば即レスで快く答えてくれるものの、向こうからは何も聞いて来ないので、会話のループが起こらないのです。

例えば、「出身はどこですか?」と聞いてみても、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

僕は青森です!-完-

という感じ。「なおさんは、どちらですか?」とは返って来ません。

仕方ないので、「ああ、青森ですか!寒い地域の出身なんですね。青森まだ行ったことないなぁ。あ、私は高知なんですよ」と続けてみるも、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

はい、青森は寒いです!-完-

(いや、そこは高知の方を拾おうや。笑)

(せめて青森の別情報とか。オウム返しじゃなくて。笑)

で、会話は以下のような状態と化しました。

注:非エンジニアの私が、気を遣って、38歳エンジニアが興味を持ちやすそうな話題を捻り出して振った結果です。なるだけ、(彼との共通点を見出せそうな)自分の情報を織り込みつつ。これなら、どれか一つくらい拾ってくれるだろうと。

なお
なお

お勤めのIT会社って何系ですか?私は最近まで●●っていうIT企業(割と有名)に勤めてたんです。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

僕の会社は、ゲームの開発がメインです。-完-

なお
なお

へえ!私も前職でゲーム事業関わってたことがありまして。△△とか□□(割とヒット作)とか。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

はい、そういう系のタイトル(ゲーム)もやってます。-完-

なお
なお

前職ではエンジニアさんに助けられてばかりで、感謝してます。

なお
なお

私なんてせいぜいSQL止まりで。そういや、言語は何使ってるんですか?

38歳エンジニア
38歳エンジニア

そうですね、僕はPython(パイソン)※1よく使います。-完-

なお
なお

Pythonか、すごーい。(プロフを見て)ハードウェア系も勉強中なんですね。ラズパイ※2とかやってるんですか??

38歳エンジニア
38歳エンジニア

ええ、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)は楽しいです。-完-

※1:プログラミング言語の一つ。
※2:Raspberry Pi(ラズベリーパイ)の略称。電子工作に使われるハードウェアのキット。ワンボードマイコン。

(一問一答か!)

ちなみに、私が期待していた返答↓

38歳エンジニア
38歳エンジニア

・へぇ、●●勤務でしたか!ホニャララ

・なおさんもゲーム関係だったんですね!

・□□(ゲーム)、大ヒットでしたね!!!ホニャララ

・エンジニアと絡む仕事って、どういう職種ですか?

・SQL使えるんですね!へぇ!ホニャララ

・ラズパイ、なんで知ってるんですか??

(何かしら拾ってくれてもよくない??)

そんな期待も虚しく、完全に私の一人相撲状態。

結果、私には38歳エンジニアの個人情報がどんどん蓄積されるも、38歳エンジニアは私についての情報を何も得てない状態に。

この状況に何も感じてない様子の38歳エンジニア。

いまどき、AIチャットボットの方がもっと人間らしい気の利いた会話ができそうですが、まあ、これが恋愛経験が少ないということなのかもしれません。

1時間ほどメッセージを続けて、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今日はありがとうございます。ちょっと遅い時間になったので、そろそろ寝ます。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

また明日、やり取りできたら嬉しいです。

と、決して感じは悪くないのですが、手応えは感じないままに初日の会話は終了。

その後、2週間も続いた薄いやり取り…

翌日以降、夜になると、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今日もお疲れ様です。

とメッセージが届き、ちょっとしたやり取りをするように。

といっても、手応えのなさは相変わらず。38歳エンジニアからくるのは、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今日はちょっと寒かったです。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今日は暑かったですね。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今日は雨が降りましたね。

という、取り扱いに困る天気の話。笑

で、私が頑張ってみて、

なお
なお

本当ですね!ちなみに夕方、私のいた世田谷区ではゲリラ豪雨があって。傘持たずにコンビニ行ってたので、びしょ濡れでシェアオフィスに駆け込みました…笑

と会話を広げてみても、返ってくるのは、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

ゲリラ豪雨でしたか。ハハ。-完-

というメッセージのみ。チーン。

例えば、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

・なおさん世田谷なんですね。僕は●●区です。

・僕の所ではゲリラ豪雨は(あった・なかった)

・シェアオフィスで働いているんですか?

・え、仕事何していらっしゃるんですか?

など、いくらでも広げるポイントあるでしょうに。

終始こんな感じなので、アポの流れにも当然ならず。

(…えっと、これ、なんの時間?)

(相性を確かめるまでは、誘わない・会わない主義なのか?)

そう推測してみましたが、そもそも毎日のこの薄っぺらいやり取りで何が確認できるのか。38歳エンジニアの脳内が謎すぎます。

やり取り開始して約1週間後の週末には、こんなメッセージが。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

電子工作で使う部品をこれから秋葉原に買いに行ってきます!

(女性を目の前に、週末デートに誘うでもなく、秋葉原に行く報告かぁ。笑)

(こりゃ、相当恋愛経験がないとみた)

やっと決まったアポ、徐々に男らしくなる38歳エンジニア

こんな感じで毎晩毎晩、前進も後退もないよく分からない時を過ごしながら2週間以上が経った頃(耐えた私も私ですが笑)、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

なおさん、よかったらお会いしませんか?

と、突如誘われました。

壊れたAIチャットボットのように、会話の流れをぶった斬った誘い方に驚きつつも、少しホッとする私。ゲームのステージを一つクリアした感覚でした。笑

(相手は女性に不慣れなオタク。期待しすぎす暖かく見守っていこう)

で、質問力の低い38歳エンジニアにこのまま委ねていると、場所もお店もサクサク決まりそうにないと感じた私は、

なお
なお

わぁ、ありがとうございます。ぜひぜひ!

なお
なお

ちなみに、38歳エンジニアさんはどの辺に住んでいますか?私は、●●線の●●駅に住んでいるので、△△方面や□□方面なら比較的出やすいです!

と先手を打って助け舟を出しました。すると、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

え!?僕も●●線で通勤してますよ!すごく近いですね!

と、意外にもご近所同士&通勤沿線も被っていることが発覚。一気に会話は盛り上がり、ここで初めてコミュニケーションらしいコミュニケーションが取れた気がします。

(ほら、最初からこうやって自己開示&質問してくれてれば、もっと話は早かったのに!)

アポのお誘いまでに2週間以上も要した38歳エンジニアに、心の中で少し嫌味を言ってみる私。

ここからも、(相手の自尊心を傷つけないよう注意しながら)私がリードしつつ会話を進め、

  • 吉祥寺で
  • 今週の土曜日
  • 15時から
  • カフェでお茶をする

ということに決め決まりました。

すると、38歳エンジニアも会話の要領を習得したのか、この辺から徐々に男らしさを見せ始め、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

では、あとはカフェですね。カフェは僕の方で探しますよ!

38歳エンジニア
38歳エンジニア

素敵なカフェ見つけるので、期待しててください!

と、頼もしい締めくくりとなりました。

38歳エンジニアの急成長っぷりに、嬉しくなる私(←完全母親目線)。

なお、この時点でLINE交換の打診はなく、Omiai上で引き続きやり取りすることとなりました。

まさかの、吉祥寺でカフェが探せない問題…

アポを2日後に控えた木曜の夜、Omiaiに威勢の良いメッセージが届きました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

なおさん、お疲れ様です!いよいよ明後日ですね♪

38歳エンジニア
38歳エンジニア

待ち合わせは、15時の10分前に吉祥寺駅の北口付近にしましょう!

38歳エンジニア
38歳エンジニア

楽しみです!

てっきり、北口方面のカフェを探してくれたのだと思い、

なお
なお

時間と場所ありがとうございます。北口方面かぁ、どんなカフェだろ?吉祥寺久しぶりなんで楽しみです。

と返しました。ところが、次に返ってきた返事は…

38歳エンジニア
38歳エンジニア

それが実は、カフェはまだ見つかってないんです…

38歳エンジニア
38歳エンジニア

あれからずっと探してるんですが、なかなかカフェが見つからなくて…

唖然としました。

住みたい街ランキングの常連、ファミリーや若者で賑わう、お店もカフェも死ぬほどある、あの「吉祥寺」駅で、カフェが探せない理由とは…

そして、カフェも決まってないのに、先に駅の出口を指定する意味とは…

全てにおいて私の理解を超えてくる38歳エンジニアに困惑しながら、できるだけ優しく、カフェが探せなかった理由を聞いてみました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

えぇ、カフェ自体は存在はするんです。でもどこも予約ができなくて…

なるほど。理解。

おそらく、デートマニュアル本に書かれている「デートのお店は予約しておくべし」という教えに忠実に従い、ここ数日間、毎夜カフェを検索していたものの、予約できるカフェなんて見つからず、困っているのでしょう。

(カフェはね、一般的には予約制じゃないんだ。予約できるとしたらディナータイム以降なんだ)

(残念、マニュアル本にはここまで書かれてなかったかぁ)

私は頑張ってくれた38歳エンジニアを傷つけないように、

なお
なお

うんうん確かに。カフェだと予約できるお店って少ないかもですね。

なお
なお

座席が多いカフェなら、待たずに入れる場合も多いので、大きめなカフェ探せばいいかも!私も今から一緒に探してみましょうか??

誘導提案してみました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

なるほど、そうか!ありがとうございます、助かります。僕も今から、大きめなカフェを改めて探してみます!

こうして、2人で明後日のアポに向けたカフェ探しが急遽始まりました。

[ 吉祥寺 カフェ デート ]

ブラウザに打ち込み探すこと3分。私はあっけなく予約できるカフェに行き当たりました。

雰囲気も良さそうで、席数も多いのでおそらく予約しなくても入れるし、不安ならグルメサイトから予約もしておける。

(こんなにすぐに見つかるカフェを、38歳エンジニアは探せなかったのか…)

百歩譲って、女性やデートに慣れてないのは分かるが、エンジニアという職業ならこの程度の検索はこなして欲しいところ…。

なお
なお

ココ良さそうじゃないですか??座席も多いし、予約もできるみたいです!

私は見つけたカフェのURLを送りました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

ほんとだ!ココいいですね!ありがとうございます!!!

38歳エンジニア
38歳エンジニア

では、このカフェを僕予約しておきますんで!

ー10分後ー

38歳エンジニア
38歳エンジニア

2名で席の予約取れました!では、15時にこのカフェに直接集合にしましょう!よろしくお願いします!とても楽しみです!

(えっと…)

私は38歳エンジニアの下の名前(しかもニックネーム)しか知りません。お互い、顔写真を見てるだけで実物はまだ分かりません。

(広い店内でどうやって落ち合うのでしょう…)

(入り口で店員さんになんと伝えればいいのでしょう…)

いちいち何かが足りない38歳エンジニアに湧く若干の苛立ちを隠しつつ、

なお
なお

あの、えっと、予約名教えて頂けますか?店内でお互い見つけられないと思うので。

とやんわりと伝えました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

あ、そうですよね(笑)。失礼しました!僕は●●という苗字で、その名前で予約してます!

(うん、言えば分かるし、決して悪い人ではない)

(が、ここまで色々できないのは、単に経験不足なだけなのか…)

【女性には不慣れだけど、仕事はデキるエンジニア】

最初はそんな印象でマッチングしましたが、ここまでのやり取りで、仕事デキる説もだいぶ揺らいでいました。

(ま、会ってみてから考えよう)

アポ当日、カフェ入り口の38歳エンジニアの姿は…

アポの当日。

少し早めに着いて、吉祥寺駅からカフェに向かって歩いていると、Omiaiにメッセージが届きました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

お疲れ様です!ちょっと早めに来て、今カフェに向かっています!ではのちほどー!

(お、私と同じ!)

Omiaiのプロフィール情報にならって、キリッとした濃い顔の筋肉質の身長175cmくらいの男性がいないかキョロキョロ探しながら歩きました。

もうすぐカフェに到着するというタイミングで、カフェ入り口付近から私の方をチラチラ見てくる男性が。

(あれかなぁ?)

遠目でよく見えないので、ちょっとずつ近づいてみました。

私に視線を送ってくる男性

(タレ目で緩い顔だし、ちょっと体もぷよぷよしてるし。この人ではないなぁ)

38歳エンジニア
38歳エンジニア

なおさんですよね!どうも!

そうです。これが38歳エンジニアでした。

筋肉質というよりぽっちゃり系、キリッとした鋭い顔のはずが実際はゆるゆるの狸顔。

(これが噂に聞く写真詐欺か!体型の申告もまるで嘘!)

屈託のない笑顔で話しかけてくる38歳エンジニアを見る限り、悪気も盛ってる自覚もないのかもしれません。※実際、写真を加工している訳でもなく、究極の上目使い&どアップな撮り方で奇跡の仕上がりとなっていたのでした。

唯一良かった点といえば、服装。

週末に秋葉原に電子工作の部品を買いに行くような男性なので、正直オシャレさは期待していませんでした。むしろ、チノパン・ネルシャツ・斜めがけバッグのザ ・オタクファッションを覚悟していました。

が、実際の彼は、デニムにブラウンのジャケットを羽織り、シュッとした革靴。手に持っているカバンもダサくない。某セレクトショップからまんま抜け出たようなセンスの良いコーディネートでした。

本当にセレクトショップで丸ごと買っただけかもしれませんが、仮にそうだとしても、その努力する姿勢は悪くありません。

経歴・仕事、そして年収800万円の真実とは?

カフェはかなり雰囲気の良いお店で、周囲が気にならない奥のテーブル席に通され、トーク開始。

最初はとりあえず彼の好きそうなプログラミング談義で場を温め、次に経歴の話へ。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

青森の高校を出て、声優の専門学校への進学で上京しました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

卒業後に家電量販店での販売員などを経て、20代の終わりにWebデザイナーになりました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

35歳くらいまでWebデザイナーやってたんですけど、以前からプログラミングにも興味があって。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

Webデザイナーからエンジニアに転向し、今は社員十数名のゲーム系の下請け会社で駆け出しエンジニアやらせてもらってます。

エンジニアには学歴問わず才能を持った人が多くいるのは知っていましたし、仕事と趣味の境目がなくプログラミングに没頭している人も多くいます。

そういう意味では、この経歴に違和感もなく、遠回りながらもなるべくしてエンジニアになった人という印象を受けました。

一方、エンジニアとして職を得たのはここ3年以内とまだ職歴は浅く、勤務先も小規模の下請け会社。

(それで年収800万って…)

IT業界に身を置いたことのある私としては、この時点で年収800万円は嘘だろうと思いました。

後で聞いた話では、将来フリーランスになる野望があり、一度試しに受けた案件斡旋エージェントの面談で「年収800万円くらいも夢じゃないですね」と言われたそうで。

どうやらその見込み年収をアプリに記載しているようでした。

(マッチングアプリの年収記載、やりたい放題だなぁ)

私はお相手の年収をアテにしようなんて思ってもいませんが、やはり虚偽の申告はいかがなものかと思いました。

相談所はココが違う(年収の証明)

結婚相談所(IBJ)では、男性は年収公開は必須。自己申告ではなく、源泉徴収票や確定申告書等の証明書類の提出が義務付けられており、嘘偽りのない年収額が記載されることとなります。アプリのように、虚偽の年収や見込み年収は載せられません。

唯一の恋愛経験って?Omiaiでの成果は?

恐る恐る恋愛話も振ってみたところ、そこは素直な38歳エンジニア、ありのままに応えてくれました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

恋愛経験は多くはないんです…。20歳過ぎだったかな?家電量販店で派遣の販売員やってた時に、同じ派遣の売り子の女性に好意を持たれたことがあって。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

付き合ったりはなかったんですけど。それが、唯一の恋愛経験かな?(恥)

(いや笑、それ恋愛経験としてはノーカウントでは???)

突っ込みたくなるのを抑えながら、私は聞き役に徹しました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

Omiaiの状況ですか?何人かの女性とマッチングはできたんですが、早々に返事が返ってこなくなるんですよね。

(まぁ、あのメッセージスキルだとそうなるよね…)

38歳エンジニア
38歳エンジニア

やっと会話が続いたと思ったら、突然「このバッグが欲しいなぁ」ってURL送られて、おねだりされて。慌ててフェードアウトしたことも何度か。笑

(笑)

38歳エンジニア
38歳エンジニア

僕の何がいけないのかなぁ。恋愛経験少なくて、よく分からないんです…

恋愛相談に乗ってみた

ここまでの頼りなさやプロフィールの(悪気なき)詐称具合から、私は38歳エンジニアを恋愛対象や結婚相手候補として考えることはなくなっていました。

しかし、かといって突き放すほど嫌な人でもありません。

これも何かの縁。

私は、恋愛アドバイザーになったつもりで、ここまでで気になった点や改善した方が良さそうな点を正直に伝えてみました。

●会話が機械的で一方通行に感じたこと
→女性にももっと質問して!話を拾って!

●アポのお誘いまで長過ぎ(会話も薄い)
→もっとテンポよく話を進めた方が、女性は疲れないかも?

●写真が1枚だけで、どんな人か分かりにくい
→他の写真も入れて、バラエティ出してみよう!

などなど。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

なるほど。女性に何か聞くのは失礼かと思って、あえて質問避けてました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

いきなり誘うと怖がられると思って、なかなか誘えませんでした。

これまで私が感じた物足りなさは、38歳エンジニアなりの遠慮・配慮だったことが分かりました。

でも、だからといって、

  • 相手に一切質問しない
  • 誘うまでに間伸びする

ようでは、男女の仲は縮めようがありません。すべては程度の問題なのだと伝えました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

ふむふむ。なるほど。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

あ、写真はちょうど来月一人旅行するので、旅先で撮ってもらいます!

恋愛のスキルは低く、段取りも悪いけど、一方で、性格は悪くもなく、とっても素直な38歳エンジニア。

(正しい努力&ターゲットさえ間違えなければ、そのうち良い女性と巡り会えそう)

(包容力のある、同年代〜年上の女性なんかだと相性よさそう)

そこで、Omiaiで今どんな女性とマッチングしているのか、理想の女性像を聞いてみました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

“いいね”を送るのは、だいたい32歳以下が多いですね。ギリギリ35歳まで許容してるかなぁ。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

正直、自分と同い年(38歳)まで来ると、もうオバサンですよねぇ?

なお(当時38歳)
なお(当時38歳)

女性経験ゼロ、こんな冴えない38歳オタク男性でも、(自分のことは棚に上げ)同い年女性をオバサン呼ばわりし、当たり前に32歳以下の女性を求める。これが婚活の現実…。

男性の本能というのか、なんとも清々しい。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

(…ハッ!)

38歳エンジニア
38歳エンジニア

あ、あ、すみません!なおさん同い年ですよね。失礼しましたijhgvdfghkl;:

38歳エンジニア
38歳エンジニア

なおさんの事は全然オバサンだとは思いませんでしたよ!

私はオバサン扱いで結構ですが、少々お節介を。

なお(当時38歳)
なお(当時38歳)

私の事はいいんです。ただね、恋愛経験が少ない現段階では、年下女性は少々ハードルが高いかも。年下が良いのなら、もっと女性をリードする力量が必要。

なお(当時38歳)
なお(当時38歳)

あくまで現状でいうと、あなたの良さを分かってくれるとしたら、同年代以上の女性じゃないかなぁと思うのです。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

そうかぁ。今まで同い年とか年上なんて考えたこともなかったなぁ

分かるような分からないような、やや複雑な表情を浮かべる38歳エンジニア。

その後も、Omiaiでマッチング率を上げていく方法、マッチング後のやり取り、女性の良し悪しの判断の仕方など、女性視点でアドバイスしながら気付けば18時に。

15時から始まったアポでしたが、店内はディナー仕様になり、照明も薄暗く落とされました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

もうこんな時間なんですね!なんか今日は楽しいなぁ

38歳エンジニア
38歳エンジニア

ディナーメニューもあるんですね。美味しそう!よかったらご飯も食べていきません??

そのまま一緒に晩ご飯を食べ、LINE交換もし、結局お開きになったのは20時くらい。

38歳エンジニアの人柄の良さを確信した私は、あくまで友達としてですが、今後Omiaiでの彼女探しをアドバイスしていくことになりました。

お会計時、自分のお茶代・ご飯代は払うつもりでいましたが、

38歳エンジニア
38歳エンジニア

なおさん、ここは大丈夫です!僕に持たせてください!

と奢ってくれました。男前!

(うん。やはりこの人は、きっといつか良いお相手に巡り会えるはず!)

帰りの電車、早速LINEが届きました。

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今日はありがとうございました!めちゃくちゃ楽しかったです!

38歳エンジニア
38歳エンジニア

早速色々実践してみますね。結果はまた報告します!

38歳エンジニア
38歳エンジニア

今後もアドバイスぜひよろしくお願いします!

私も今日のご馳走にのお礼を送り、お互いにスタンプを送り合って、楽しくLINEを終えました。

その後の話、私がこの彼に思う事

そのあと、1〜2ヶ月くらいの間に数回LINEで相談や報告があり、やり取りを交わしたと記憶しています。

しかし、そんな連絡もいつの間にか途絶え、私も去るもの追わずの姿勢で、特にその後については追いませんでした。

そのため、彼があれからうまくいったのか、今何をしているのかは知りません。

(元気にやっているといいなぁ)

仲人になってみて、改めて彼を思い出し思うこと。

彼のようなタイプこそ、結婚相談所ではないかと。

結婚相談所で良い仲人に出会い、正しい努力をすれば、素敵な女性が見つかるような気がします。※もちろん、結婚願望は大前提になります。

この記事を読んで、38歳エンジニアに自分と重なる部分を感じた男性は、ぜひ一度相談所の門を叩いてみてはいかがでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。