>最新の成婚レポートはこちら<

あなたに合った婚活方法とは?婚活サービス4つを比較解説。

アネマリ結婚相談所の宮﨑なおです。

婚活を始めようと思った時、多くの人がまず思うのは、

  • 婚活方法にはどんなのがあるのか
  • どういう違いがあるのか
  • 自分はどれ選ぶべきなのか

ということではないでしょうか?

ここでは「4つの基本的な婚活方法(婚活サービス)」についてお伝えしてまいります。

宮﨑なお
宮﨑なお

婚活するなら必ず押さえておきたい基本中の基本。ぜひ理解を深めてくださいね!

4つの基本的な婚活方法(婚活サービス)

いま世の中にある婚活サービスは、大きく分けて4種類です。

  1. アプリ婚活
  2. 婚活パーティー
  3. 結婚情報サービス(データマッチング型相談所)
  4. 結婚相談所(仲人型相談所)

※「友達に紹介してもらう」「出会いを求めて社会人サークルに入る」といった、お金をかけない婚活はここでは省略します。

結婚意欲×サポートの違い

4つの婚活サービスは、「婚活意欲の高さ」×「サポートの手厚さ」に違いがあります。

アプリ(婚活アプリやマッチングアプリ)は、恋活目的の人も紛れるなど、活動者の結婚真剣度はバラバラ。サポートもありません。

一方、その対極にある結婚相談所は、結婚意欲が高い人のみに限定され、人による手厚いサポートも受けられます。

その中間には、婚活パーティー結婚情報サービスが位置します。

【婚活ガチ度】でいうと、

結婚相談所 > 結婚情報サービス > パーティー > アプリ

ゴール(見届け範囲)の違い

また、各婚活サービスはゴール(サービスが見届ける範囲)も違います。

マッチングアプリは、マッチングする(出会う)まで。以降は自由なので、ドタキャンやブロック・フェードアウトが多発します。

婚活パーティーは、仮交際(恋人手前の交際)が成立するまで。以降は自由なので、フェードアウトや自然消滅もよくあります。

結婚情報サービスは、真剣交際(結婚に向けた本格交際)に突入するまで。まだまだ乗り越えるべきイベントが残された状態であり、その後に破局することも珍しくありません。

結婚相談所は、プロポーズが成功するまで。最も結婚に近い状態でリリースされるので、破局も極めて少なく済みます。

大きな違いが分かったところで、それぞれの婚活方法を詳しく確認していきます。

手軽で安い「アプリ婚活」

手っ取り早く始められる婚活といえば、アプリ婚活。

アプリをダウンロードし、写真や文章を載せればすぐにでも開始可能という手軽さに加え、料金も安いです。

「いきなりお金を使うのには抵抗がある」という人が、まず始めてみるのがアプリ婚活ではないでしょうか?

代表的なサービスの例

  • Pairs(ペアーズ)
  • Omiai
  • with
  • ゼクシィ縁結び
  • ユーブライド
  • ブライダルネット
  • タップル
  • ヤフーパートナー
  • マリッシュ

アプリの中には、恋活・婚活目的が混ざったものもあれば、純粋に婚活だけを目的とするものなど様々あります。

料金相場

月額3000〜5000円と非常に安価。女性は無料で使えるアプリもたくさんあります。

メリットとデメリット

メリットデメリット
費用が安い
すぐ始められる
プロフ詐称多い
結婚意欲バラバラ
ドタキャン/FO多い

メリットは、費用が安くてすぐ始められる手軽さ。

デメリットは、全て自己申告制につきプロフィール詐称が多いこと。学歴や職業・年収の詐称は日常茶飯事で、なかには独身と偽って活動している既婚者もいます。

当然、結婚意欲や真剣度もバラバラで、恋人を作りたいだけの人や、ヤリモク・メシモク・勧誘目的の活動者も紛れています。

そして、ルールや交際サポートのない無法地帯のため、ドタキャンやフェードアウトも横行気味。そこにストレスを感じる方も少なくないでしょう。

まずは婚活の場に慣れたいという人の最初の一歩としてはいいかもしれませんが、結婚まで至るには相当な運と実力が問われます。

向いている人

  • まずは恋活からスタートしたい人
  • 結婚を急いでいない人
  • 容姿と年齢が分かれば問題ないと思える人
  • 受け身でなく、主体的に交際を進められる人

>>マッチングアプリをもっと知る

複数名とまず会える「婚活パーティー」

婚活パーティーは、複数のお相手を直に見ながら進められる婚活。

マッチングアプリだと、会うまでのメッセージスキルが問われて苦戦したり、会ってみたら写真と異なる容姿だったなどのトラブルも多いですが、婚活パーティーはそういったストレスとは無縁。

まず会ってから考えたい人やフィーリング重視の人に選ばれやすい婚活です。

代表的なサービスの例

  • OTOCON(オトコン)
  • シャンクレール
  • WhiteKey(ホワイトキー)
  • ゼクシィ縁結びPARTY
  • エクシオ

料金相場

1回あたり3000〜7000円程度。比較的安価に済みます。

メリットとデメリット

メリットデメリット
費用が安い
まず会える
カップリングしない
進展しづらい
プロフ詐称多い

メリットは、費用が単発で安く済む点。そして、まず会える点。一度に8〜10名程度の異性と会うことができます。

デメリットは、その場で比較される結果、カップリングできる人とできない人の差が出やすいこと。

そして、カップリングできたとしても、その後の進展はスムーズではなく、カップリング後に一度も会わないケースや、1〜2回で自然消滅するケースも少なくありません。

また、アプリと同様、プロフィールは自己申告制なので詐称も多いです。

婚活パーティーは、たくさんの人と同時に会える=ライバルも同じ数だけその場にいる。積極性に加え、臨機応変さや瞬発力が求められます。

向いている人

  • 容姿やコミュニケーション力に自信がある人
  • 積極的で打たれ強い人
  • スペックよりもフィーリング重視の人
  • 受け身ではなく主体的に交際を進められる人

アプリの身元保証版「結婚情報サービス」

アプリと結婚相談所の中間的サービスといえるのが、結婚情報サービス。

自らを結婚相談所と謳うところが多いですが、実質的には仲人不在であり、「身元保証版のマッチングアプリ」といった方が正しいかもしれません。

出会い方は、データマッチング(条件に沿ってシステムが抽出した相手を自動で紹介)がメイン。そのため、婚活業界では「データマッチング型の相談所」と呼ばれることも。

>>相談所情報サービスの違いについて

代表的なサービスの例

  • オーネット
  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • エン婚活エージェント
  • ノッツェ(データマッチング型コース)

料金相場

初期費用1〜15万円程度、月額1〜2万円、成婚料なし。

1年で成婚退会できた場合の総費用は、20〜35万円程度。

メリットとデメリット

メリットデメリット
プロフ詐称がない
結婚意欲高い
交際管理なくFO多い
アドバイスなし
成婚≠婚約
コスパよくない

メリットは、身元保証がある点。各種証明書(独身・年収・職業・学歴等)の提出義務により、アプリのようなプロフィール詐称は起こりません。

また、面倒な書類提出に加えて、決して安くない入会金を払う必要もあるので、結婚への真剣度の高さもお墨付き。アプリのように、恋活や既婚者・ヤリモクは紛れません。

一方、デメリットとしては、マッチング以降の進め方がほぼ会員任せである点。実質マッチングアプリ状態であるため、会えずじまいやフェードアウトも起こりやすいのが実情です。

また、何か相談しても、カスタマーサポートのような機械的・事務的な対応がメイン。いわゆる仲人はおらず、積極的アドバイスや人のぬくもりを感じるようなサポートは期待できません。

そして、婚約未満の状態(真剣交際に入った段階)で成婚退会となってしまうため、退会後にうまくいかなくなることも。

その高い知名度につられて入会するも、やってみたら「費用がかかる割には…」「結局マッチングアプリと一緒」という声も多く、費用対効果(コスパ)はイマイチかもしれません。

マッチングアプリでうまくいかない人は、結婚情報サービスでもうまくいきにくいので、注意しましょう。

向いている人

  • 結婚を考えており、ある程度の費用を払える人
  • 懇切丁寧なサポートは要らない人
  • 身元の確かな人と出会ったら、あとは自力で頑張れる人

>>結婚情報サービスをもっと知る

仲人のガチサポート「結婚相談所」

仲人がいて、出会いからプロポーズまで伴走してくれるのが、結婚相談所。

ジムで例えるなら、ライザップ方式の婚活といえます。

結婚情報サービス(データマッチング型相談所)と区別する意味で「仲人型相談所」とも呼ばれます。

出会い方は、自分で検索&仲人の目利き紹介がメイン。

代表的なサービスの例

  • IBJ系列(IBJメンバーズ、サンマリエ、IBJ加盟店)
  • パートナーエージェント
  • フィオーレ
  • ノッツェ(仲人型プラン)

※結婚相談所は、いずれかの連盟(IBJ、BIU、TMS、Rnet、コネクトシップ・スクラム等)に加盟することで、紹介し合える会員数を確保しています。

>>連盟の詳しい解説はコチラ

料金相場

初期費用10〜15万円程度、月額1〜2万円、成婚料15〜25万円。

1年で成婚退会する場合の総費用は、40〜60万円程度。

メリットとデメリット

メリットデメリット
プロフ詐称がない
結婚意欲高い
仲人サポートあり
成婚=プロポーズ
費用がかかる
ルール管理あり

メリットは、結婚情報サービス同様、書類提出や料金の高さによって、身元の確かさと真剣度の高さが保証されていること。

そして、結婚情報サービスにはない、仲人のサポートが受けられるのがさらなる利点。二人だけでは進みにくい交際も、双方の仲人が陰で支えることで結果が変わることも…。

また、結婚情報サービスと違って、成婚の定義がプロポーズの成功であり、成婚退会後に残るイベントは入籍のみ。結婚情報サービスのように、成婚退会後に二人の関係が崩れるようなことは極めて稀となっています。

デメリットとしては、婚活サービスのなかでは最も費用がかかる点。そして、ルールや管理がどの婚活サービスよりも細かいことです。

例えば、IBJのルールの一部を紹介すると、

・お見合い申し込みの返答期限は10日間
・お見合い成立後1週間以内にお見合い日を決める
・お見合い日は原則1ヶ月以内に設定
・お見合いのお茶代は男性負担
・お断り返事は直接言わず、仲人を通す
・交際期限はお見合いから3ヶ月(延長で最長6ヶ月)
・成婚退会前の宿泊や婚前交渉は禁止

これを「細かくて煩わしい」「大人の交際なのに…」とマイナスに感じる人は少なくありません。

しかし、これがあるからこそ、他の婚活サービスで起こりがちな問題(ドタキャンやFO、時間のロス、奢り奢られ、退会後の破局)を抑制できているともいえます。

安心・安全な環境で、効率よく確実に進めたい方が選ぶ婚活です。

向いている人

  • 結婚を考えており、それなりの費用を払える人
  • 相手にこだわりの条件がある人
  • 時間を無駄にしたくない人
  • より確実な結婚を望む人

>>結婚相談所仲人型をもっと知る

4つの婚活サービスの比較まとめ

アプリ婚活パーティ情報サービス結婚相談所
結婚意欲×
サポート××
身元保証××
効率××
自由度×
ゴール出会いお見合い真剣交際プロポーズ
料金安い安い高い高い

どの婚活方法・婚活サービスにも一長一短あります。また、向き・不向きもあります。

これから婚活を始める人や、婚活の見直しを検討している方は、

  • 結婚願望は高い?低い?
  • 結婚を急ぐ?ゆっくり?
  • 現在の年齢(婚活市場での価値)は?
  • 条件にこだわりたいか?容姿・年齢だけでいいか?
  • 異性に対して積極的?受け身?
  • 自分で交際を仕切る力量はある?

ということをよ〜く考えて、自分に合った婚活方法を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。