新婚活応援キャンペーン(入会金1万円OFF)

結婚相談所(仲人型)の特徴とメリット・デメリット。向いているのはどんな人?

アネマリ結婚相談所の宮﨑なおです。

ここでは、4つの婚活サービスの中でも最も結婚への近道となる「結婚相談所」について解説します。

よく混同されがちなものに結婚情報サービスがありますが、両者は全くの別モノ。

結婚相談所
(仲人型相談所)
結婚情報サービス
(データマッチング型相談所)
データベース検索のほか、仲人によるお相手候補の選定・紹介等で出会いを創出。仲人がお見合いの段取り、相談・アドバイスをし成婚(プロポーズの成功)までサポート。ルールは細かい。データベース検索のほか、システムを使ったデータマッチング形式で出会いを創出。会員同士がほぼ自発的にお見合いや交際を進める形で真剣交際突入までサポート。ルールはほぼない。

出会い方や仲人の存在有無の観点から、結婚情報サービスは「データマッチング型の結婚相談所」、結婚相談所は「仲人型の結婚相談所」と呼ばれています。

なお
なお

この記事では、表の左側の【結婚相談所(仲人型の相談所)】を解説します。

私自身も結婚相談所(IBJ)の成婚者の一人。よりリアルに結婚相談所を語りたいと思います。

結婚相談所(仲人型の結婚相談所)の特徴

結婚相談所とは、身元の確かな結婚意欲のある会員データベースを保有し、その情報提供だけでなく、出会い〜成婚までを一貫して仲人の手でサポートするサービス。

●入会に各種証明書(年齢・独身・学歴・収入・職業など)の提出必須で、会員プロフィールは嘘偽りのない確かなものになる

●決して手軽な値段ではないため、結婚意欲の低い人は混ざらず真剣な人ばかり

という2点においては、結婚情報サービス(データマッチング型の相談所)と変わりませんが、決定的な違いは実質的な仲人の有無。

結婚情報サービスには、名前ばかりの仲人(カウンセラー・コンシェルジュ)はいても、本当の意味での仲人はいません。結婚相談所には、実質的な意味での仲人が存在します。

両者の比較も踏まえて、結婚相談所(仲人型の結婚相談所)の特徴をみていきましょう。

出会い方は、検索申込み&紹介

最近の仲人型の結婚相談所の出会い方は、自分でデータベース検索して申し込む(申し込まれる)のが主流。

相談所によっては、それにプラスで仲人紹介もあります。←いわゆる仲人の目利きというやつです。

いずれにしても、完全なシステム任せというより、人間的な目線が入るお相手探しに寄っているのが特徴です。

結婚情報サービスだと…

数値化・テキスト化された条件をもとに、月●名という形でピックアップする人工的な紹介(データマッチング)がメイン。それにプラスで検索申込みできる場合もありますが、基本的にはシステム任せです。

仲人がお見合いセッティング

仲人型の結婚相談所では、お見合いのセッティング(日程・場所の調整、お店探し)はすべて仲人が行います。

お店はほとんどが高級ホテルのラウンジ。予約ができる場合は、両名で予約までしておいてくれます。

マッチングした二人は当日決められたお店に向かうだけなので、お見合い前のやり取りで疲弊することもありません。

結婚情報サービスだと…

お見合いの日程・場所の調整からお店決めも、すべてマッチングした二人で行います。お店はガヤガヤしたチェーン店になることもあれば、最悪はどちらかの音信不通でお見合い自体が流れることも。

仲人が交際サポート

仲人型の結婚相談所では、交際が成立すると、仮交際(友達以上恋人未満)→真剣交際(結婚を見据えた恋人)へと段階を踏んでいきます。

この間も一貫して仲人がサポート。具体的には、交際の進捗に合わせたデートの会話を指南したり、交際中のお悩み・疑問に答えたり。必要であれば、お相手の気持ちをそれとなく探ってくれることも。

残念ながら交際終了する(される)際にも、フィードバックを次に活かせます。

なお、お断りの連絡も全て仲人を通すので、心理的負担も少なく済みます。

結婚情報サービスだと…

交際サポートはなく基本は二人任せ(放置)なので、悩みやすれ違いも生じやすく、常に自己解決能力が問われます。当然、お断りもご自身で。そもそも仮交際・真剣交際という概念もないことがほとんどです。

各種ルールあり(交際期間、返答義務など)

仲人型の結婚相談所には、各種ルールがあります。

例えば、

  • お見合い申受けの返答の義務と期限
  • お見合い成立後はお見合い実施必須
  • お見合いの服装規定や禁止事項
  • お見合いのお茶代負担の取り決め
  • 交際成立後のファーストデートは実施必須
  • 仮交際/真剣交際の期間の上限
  • お泊まりや婚前交渉にまつわる規制

などなど。これにより、他の婚活サービスで起こりがちなトラブルを最小限に抑えられます。

結婚情報サービスだと…

ルールはほぼなく、自由気ままに恋愛のような交際を楽しめます。その反面、マッチングしてもお見合いに至らなかったり、交際中でもいつの間にかフェードアウトされたり。結婚へのスピード感・確実性はやや欠けます。

成婚=婚約状態(プロポーズの成功)

仲人型の結婚相談所の成婚定義は、婚約状態。

具体的には、プロポーズが成功した段階で成婚退会となることが多いです。※会員の状況次第では、両家への挨拶が済むまで、最長では入籍まで見守ることも。

婚活サービスの中で、最も結婚まで近い状態に育てて卒業することから、成婚退会後の破局は滅多に起りません。

結婚情報サービスだと…

「真剣交際に突入」を成婚と定義しているところが多いです。結婚までのステップがまだ多く残っている段階で卒業してしまうこともあり、成婚退会後の破局もチラホラ見受けられます。

成婚料がある

仲人型の結婚相談所には、成婚料があります。

成婚料とは、相談所で出会ったお相手と成婚する際の成果報酬費用。※通常の退会や、相談所外のお相手との成婚にはかかりません。

ちなみに、成婚料があるのは婚活サービスの中でも結婚相談所だけ。これは結婚するまでがサービス範疇である証拠でもあります。

逆にいえば、成婚料がない=結婚するかどうかはサービス範疇外=結婚相談所ではない、という判断も成り立ちます。

結婚情報サービスだと…

成婚料はありません。理由は上述の通り、「結婚」するかどうかはサービスの範疇外だから。成婚料がない分出費は抑えられますが、結婚できる可能性もその分下がることに注意。

仲人型の結婚相談所の代表例

仲人型の結婚相談所は、どこかの連盟(またはデータ連携サービス)に加盟して運営されています。

代表的な仲人型の結婚相談所をみてみましょう。

(←スクロール→)

加盟先紹介会員初期費用月会費お見合い料成婚料申込上限仲人紹介コース名店舗数
IBJメンバーズIBJ7.5万人252,450円17,050円0円220,000円20名/月なしアシスト全国12店舗
サンマリエIBJ7.5万人187,000円17,600円0円220,000円20名/月1〜3名/月スタンダード全国22店舗
ツヴァイ★IBJ
ツヴァイ単体
9万人115,500円17,600円0円(※1)220,000円30名/月
※IBJ13名
有料オプションご紹介+自由検索全国50店舗
他IBJ加盟店
例)当社
IBJ7.5万人110,000円16,500円0円220,000円200名/月適宜ありベーシック全国3000社以上
パートナーエージェントコネクトシップ2.9万人137,500円18,700円0円55,000円5名/月6名/月コンシェルジュ全国23店舗
ノッツェ★良縁ネット
コネクトシップ
facetoface仲人連盟
6.5万人85,250円21,450円11,000円/回110,000円3名/月3〜5名/月お見合いアシスト全国300社
フィオーレスクラム
日本成婚ネット
5.4万人165,000円13,200円0円(※2)110,000円無制限あり(人数不明)セレクト全国11店舗
仲人型相談所の比較(2022年1月時点)※税込表記

※1:仲人紹介成立時は5,500円(税込)/回。※2:推薦紹介時は、5,500円(税込)/回。

IBJメンバーズ

IBJメンバーズは、日本最大の連盟を運営する株式会社IBJ直営の結婚相談所。

加盟先はもちろんIBJ(日本結婚相談所連盟)で、紹介可能会員は7.5万人超え(2021年12月時点)。

「IBJの直営」という絶大なブランド力と安心感により、高い人気を誇る相談所です。

仲人は必然的にIBJの社員になるわけですが、サラリーマン仲人にありがちな悪評はほとんど聞かれず、むしろ高いサポート力に定評があります。

全国12店舗あり、成婚率は50.4%(主要コースのみ/分母は全退会者/2020年4月~9月の半年間/連盟外婚含む)。

サンマリエ

サンマリエは、元々は単独の老舗大手相談所(推計会員2万人)でしたが、2019年にIBJのグループ入り。

今やIBJ加盟店として、サンマリエ所属の会員とはもちろん、サンマリエ外のIBJ会員ともお見合いや交際が可能となっています。紹介可能会員は7.5万人超え(2021年12月時点)。

現状(2021年末時点)では、サンマリエ専用のシステム(アプリ含む)とIBJS(アプリ含む)が併用されているようですが、出会いの比重はIBJの方が大きくなっているのだとか。

「IBJを利用したいけど、IBJメンバーズは少し高いしなぁ」という理由で、サンマリエを選ぶ人も少なくありません。

全国22店舗あり、成婚率は非公表。

ツヴァイ ※仲人型プラン

ツヴァイは、老舗大手の結婚情報サービス(推計会員2.5〜3万人)でしたが、2020年にIBJにグループ入り。

IBJ加盟店となった今も、結婚情報サービス(データマッチング型相談所)も継続しており、紹介可能会員は9万人(IBJ会員+ツヴァイ限定の会員、2021年4月時点)。

[データマッチング型]か[仲人型]の2プランあり、IBJ会員と出会えるのは[仲人型]のみとなります。この場合も、IBJ会員への申込枠は月13名とやや少なく、今のところはまだまだ元のツヴァイ色が強い印象です。

全国50店舗あり、成婚率は42.3%(2017年度/分母は退会者/会員外婚含む)。

他IBJ加盟店(3000社以上)

IBJの加盟店には、IBJメンバーズ・サンマリエ・ツヴァイ以外にも、全国3000社を超える大小様々な結婚相談所があります。

なお
なお

アネマリ結婚相談所も、その一つです。

IBJ加盟なので、紹介可能会員は7.5万人超え(2021年12月時点)。使用するシステムも、適用されるルールも、IBJメンバーズを始めとした直営・グループの相談所と全く同じです。

数の多い他IBJ加盟店の特徴をひとまとめで形容することはできませんが、上記3社と比べると

  • 低価格で、
  • 申込枠が多い(最大200件/月)

という傾向があり、仲人さんとの相性次第では最高の相談所にもなり得ます。

全国3000社以上あり、成婚率は各相談所によります。

パートナーエージェント

パートナーエージェントは、元IBJ加盟店であり、現在は独立した単独の結婚相談所。

運営会社が始めたコネクトシップに参加しており、紹介可能会員は2.9万人(自社会員とコネクトシップの許諾会員、2020年4月時点)。スクラムへの参加も表明していることから、今後さらなる増加が見込まれます。

特徴は、成婚料が5.5万円と非常に安いこと。また成婚率にこだわったきめ細かなサポートを売りとしています。

全国23店舗あり、成婚率は27%(分母は年間在籍会員平均/2019年度/外部成婚含むかは不明)。

ノッツェ ※仲人型プラン

ノッツェは、結婚情報サービス(データマッチング型相談所)と結婚相談所(仲人型相談所)の両方を提供するハイブリッド型相談所。※ここでは、仲人型のプランを紹介。

良縁ネット・コネクトシップ・facetoface仲人連盟に加盟しており、紹介可能会員は6.5万人(時期不明)。

仲人型のプランで仲人を担当するのは、 社員ではなくノッツェに加盟しているの全国の仲人となります。

毎月の申込枠や紹介数が少なく、高い月会費に加えて都度のお見合い料も発生するので、量で勝負したい人には不向きかもしれません。

全国の加盟社数は、300社。成婚率は非公表です。

フィオーレ

フィオーレは、関西発祥で西日本に高いシェアを持つ結婚相談所。関西にお住まいの方だと、一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

グループ会社でスクラムを運営。フィオーレも同グループのスクラム・日本成婚ネットに加盟しており、紹介可能会員は5.4万人(2021年12月時点)となります。

他の相談所に比べて各種費用がリーズナブルで、毎月の申込枠も無制限という太っ腹ぶり。

関西で婚活するなら、検討してみる価値はありそうです。

全国11店舗あり(西日本中心)。成婚率は53.8%(分母は退会者/2012年~2020年/会員外婚含む)。

仲人型の結婚相談所のメリット

仲人型の結婚相談所のメリットは以下の通り。

一人で頑張らなくていい

  • プロフィールの写真や文章はこれでいい?
  • 自分に足りないところ、改善点は?
  • このお相手と次に進むべき?
  • お相手は私をどう思っている?
  • この人を振り向かせられる?

婚活中には、こうした疑問や悩みが尽きません。

マッチングアプリや結婚情報サービスでは、これら問題を全て一人で解決しなければならず、路頭に迷う人も少なくないですが、仲人型の結婚相談所では常に仲人と二人三脚。

「仲人と一緒なので心強い」というのが他の婚活との一番の違いであり、仲人型の結婚相談所のメリットです。

ブロック・フェードアウトに悩まされない

マッチングアプリや結婚情報サービスでは、突然のブロックや交際中のフェードアウトは日常茶飯事。

誠実さに欠けた対応を目にして人間不信になったり、フェードアウトに気づかず時間を無駄にしてしまった経験者も多いのでは?

一方、仲人型の結婚相談所では、交際には常に白黒がつくようルールが完備されており、仲人という審判が交際に目を光らせています。

従って、訳の分からないブロックやフェードアウトとは無縁の世界です。

私生活では会えない高スペとも出会える

仲人型の結婚相談所は、婚活サービスの中で最も格式が高いこともあり、目を見張るような高スペック男女も多数在籍しています。

男性であれば、超高学歴、トップエリート、経営者、資産家など。女性であれば、バリキャリ美女、フリーアナ、元芸能人、お嬢様など。

職場や友達の紹介では絶対たどり着けないような方々とも普通に出会えて、うまくいけばご縁に恵まれるかもしれない、というのもメリットです。

※もちろん、平凡なごく普通の人と出会うことも可能です。

会員の真剣度が最も高い

婚活サービスの中で、入会ハードルがダントツに高い仲人型の結婚相談所。

厳格な書類提出義務、高額な初期費用&月額費に加えて、最後は成婚料までも発生します。

もっと安価で手軽な婚活がいくらでもあるのに、あえて仲人型の結婚相談所を選ぶ。それはつまり結婚への真剣度の現れ。

どの婚活サービスよりも、会員の真剣度は高いです。

結婚までスピーディー

仲人型の結婚相談所では、出会ってから成婚まではデフォルトで3ヶ月、最長でも6ヶ月。

相手が現れれば、驚くほど短期間で結婚していきます。

これは、結婚意欲の高い会員で構成されていることに加え、結婚をゴールに最適化されたルール、そして仲人ががっつりサポートに入るからこそ。

子どもを持つことを視野に婚活している人など、とにかく結婚を急ぐ人にとっては、このスピード感は必要不可欠です。

少なくとも、結婚したいのにダラダラと交際が続いて気づいたら年齢を重ねてしまっていた…といった事態は防げます。

仲人型の結婚相談所のデメリット

仲人型の結婚相談所のデメリットは、以下の通り。

料金が高い

仲人型の結婚相談所の一番のネックともいえるのが、その料金。

初期費用(10〜20万円)や月会費(1〜2万円)に加えて、成婚料(10〜30万円)もあり、1年間で成婚退会する場合の総コストは、40〜60万円。

マッチングアプリ(数千円/月)とは比べ物になりませんし、結婚情報サービス(20〜35万円/年)と比べても、成婚料の分だけ高くなるのが実情。

結婚できるかどうかより、安いかどうかの方が気になって仕方がない、という人には不向きかもしれません。

交際の自由度が低い(婚前交渉NGなど)

仲人型の結婚相談所には、交際期間に上限があり、究極は婚前交渉NGというルールまでも存在します。

これらは、結婚をゴールとした場合には非常に合理的なルールですが、恋人のようなお付き合いを望む人にとっては、あまりに自由度が低くて、窮屈にも感じるでしょう。

仲人型の結婚相談所でも恋愛ができないわけではありませんが、制約が多いことは理解しておくべきです。

仲人との相性に結果が左右されがち

仲人型の結婚相談所の強みは、ジムでいうところの専属トレーナーのように、仲人と二人三脚で婚活できること。

それは同時に、仲人との相性が婚活の成否を分けるということでもあります。

合わない仲人と組んでしまうと、違和感だらけの婚活でなかなかうまくいかないことも。

仲人の腕の問題もあれば、相性の問題もあるので、一概に責任の所在を問うことはできませんが、少なくとも「近所だから」「安かったから」と安易な相談所選びは禁物です。

入会前の見極めをしっかり行い、納得できる仲人の元に入会するようにしましょう。

仲人型の結婚相談所に向いている人

ここまでの話を踏まえて、仲人型の結婚相談所に向いている人をまとめました。

仲人型の結婚相談所に向いている人

・結婚意欲が高く、それなりの費用を払える人
・時間を無駄にしたくない人
・より確実な結婚を望む人
・相手にこだわりの条件がある人
・自力で頑張るのが難しい人(経験不足、不利な年齢等)

仲人型の結婚相談所は、「いい人がいれば結婚したい」ではなく、「いい人を見つけてぜひ結婚したい」という人のための婚活サービスです。

心当たりのある人は、迷わず仲人型の結婚相談所を選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。