【結婚相談所の選び方】失敗しないための6つのポイント

アネマリ結婚相談所の宮﨑なおです。

結婚相談所での婚活というのは、決して安くない投資。

にも関わらず、正しい結婚相談所の選び方というのはあまり知られていないのが現実です。

その結果、せっかく入った結婚相談所での活動に満足できずに、後悔したり、移籍を検討する人も少なくありません。

今回は、失敗しない結婚相談所を選び方として、押さえるべき6つのポイントをステップに沿って解説してみました。

これさえ守れば、かなりの確率で失敗は回避できるはずですので、ぜひ参考にしてみてください!

宮﨑なお
宮﨑なお

これから初めて結婚相談所を選ぶ人も、結婚相談所を選び直そうとしている人も!

STEP1)結婚相談所か結婚情報サービスか

まず最初に、結婚相談所(仲人型相談所)と結婚情報サービス(データマッチング型相談所)、どちらにするのかを決めましょう。

どちらも一般的には”結婚相談所”と呼ばれるので勘違いしやすいですが、結婚情報サービスの方は、会員の身元が保証されているだけで、いわゆる仲人は存在せず、自走型の相談所となります。

参考)結婚相談所と結婚情報サービスの違い

マッチングアプリの身元保証版といった方がわかりやすいでしょうか。

そんな結婚情報サービスの代表例といえば、オーネット。

婚活男子
婚活男子

仲人のサポートに期待していたら、そんなの全然なかったです…

だいたいこの手のご相談を深掘りすると、「それ結婚相談所じゃなくて、結婚情報サービスですね〜」というオチになります。

婚活者
婚活者

・経歴詐称は嫌!
・結婚願望ある人希望
・他人のアドバイスは不要!
・マイペース/自由に進めたい!

↑ こんな人は、結婚情報サービスの記事にお進みください。

婚活者
婚活者

・経歴詐称や嫌!
・結婚願望ある人希望
・個別のサポート求む!
・結婚まで効率的に進めたい!

↑ こういう人であれば、仲人型の結婚相談所一択。このまま読み進めてください。

STEP2)どの連盟で活動するのか

仲人型の結婚相談所で婚活することに決めたら、次にやってほしいのは、どの連盟で活動するのかの連盟決め。

連盟は全国に10以上あり、仲人型の結婚相談所はそれら連盟のいずれかに加盟して、紹介できるお相手を確保しています。

つまり、連盟はその相談所の会員数を表し、さらには、連盟ごとに会員の特徴(全国型or地域型、ハイスペ率高めor普通の人多め等)も違ってきます。

時々、この連盟選びをすっ飛ばして、仲人さんの人柄だけで相談所入会を決めてしまう人がいます。

もちろん、これでうまくいけば結果オーライなのですが、その相談所が加盟している連盟があまりにも弱小過ぎるなどして、婚活に行き詰まるケースも…

婚活女子
婚活女子

もう申し込みたい人がいなくなった…。仲人さんは好きなんだけどなぁ

仲人さんや相談所を決める前に、連盟を検討することが大事です。

日本最大で圧倒的規模を誇る連盟といえば、IBJ(日本結婚相談所連盟)。

会員数・成婚数ともに業界最大で、全国型・ステータス高めの会員が多いという特徴がありますので、基本的にはIBJをオススメします。

もし、他の連盟も気になる・比較検討したいという人は、連盟の記事に詳しく書いていますので、そちらをお読みください。

ここでは、連盟にIBJを選んだ前提で話を続けます。

STEP3)IBJの直営店か加盟店か

IBJで活動すると決めたら、次は、IBJ直営店にするかIBJ加盟店にするかの方針を立てましょう。

IBJ直営店とは、IBJ(日本結婚相談所連盟)を運営する株式会社IBJが直営する結婚相談所。IBJメンバーズと、IBJにグループ入りしたサンマリエ・ツヴァイの計3社があります。

IBJ加盟店とは、IBJ(日本結婚相談所連盟)に加盟している、全国の個人事業主や法人等が運営する大小様々な結婚相談所で、全国に3000社以上あります。

直営店加盟店
・IBJメンバーズ
・サンマリエ
・ツヴァイ
・それ以外
(3000社〜)

直営店も加盟店も、使うシステムやルールは全く同じで、出会える人の数・質も当然同じ。直営店の方が何か優遇されるといったこともありません。

では、何が違うのか?

IBJ直営店の特徴

IBJ直営店は、抜群の知名度・ブランド力を背景に、ややお高めの料金設定で運営されています。

その割に申し込める枠数が少ない(10〜30名程度/月)のがネックですが、徹底したマニュアル主義により、サポートの質が平均点以上で均一化されており、当たり外れが起きにくいのがメリット。

一方で、仲人は大企業の社員という立場。営業時間や定休日・有給等の都合上、そして一人当たりの抱える会員数の多さ等から、レスポンスや対応の遅さに対する不満の声もよく聞かれます。

IBJ加盟店の特徴

IBJ加盟店は、多岐にわたるので一括りにはできないのですが、傾向としては、「たくさん申し込めて(30〜200名/月)、料金は直営店より良心的」なところが多い。

そして、IBJ加盟店のほとんどは個人経営の小規模な相談所となり、その経営者が仲人として、独自のポリシーと柔軟性を武器にサポートしてくれることが多いです。

裏を返せば、IBJ加盟店のレベルは、その経営者の腕(熱意・サポート力)次第。質のバラつきや相性の良し悪しがあることは否めません。

抜群に良い相談所もあれば、最悪の相談所もありうる。そんな玉石混合の世界からうま〜く良質な相談所を見つけ出すのがコツ。

さて、IBJ直営店かIBJ加盟店か、迷いながらのままで構いませんので読み進めてください。

STEP4)月の申し込み数

次に、大変重要な月の申し込み数についても検討しましょう。

月の申し込み数の重要性を知らずに、仲人さんや相談所の知名度・ブランドだけで決めてしまう人もいますが、ここは本当に後悔・移籍の要因になりやすいところですので、注意していただきたいです。

そもそも、IBJの平均的なお見合い申し込み成立率は、6〜7%程度。

15〜16人に申し込んで、やっと一人がお見合いを受けてくれる計算です。

もちろん、お相手からの申し込み(申し受け)でお見合いすることもあるかもしれませんが、ご自身のスペックや条件次第では、あまりそこに期待できないことも…。

たとえば、40代後半の年収普通の男性には、なかなか女性からの申し込みはこないでしょうし、アラフォーの容姿普通の女性には、こちらが会ってみたいと思える人からの申し込みは少ないかもしれません。

基本的には、結婚相談所の婚活は、男女問わず自分から申し込んでナンボの世界。

これらを踏まえると、最低でも月50件の申し込み枠がある相談所を選ぶのが無難ではないかと考えます。

参考)申し込み件数30件vs200件論争

月20件30件の申し込み数の相談所で戦えるのは、20〜30代前半のハイスペ男女のみだと思ってください。

直営店or加盟店を再度検討!

IBJ直営店は月10〜30名程度、IBJ加盟店は月200名までの中から色々選べる。申し込み枠の多い・少ないの観点からも、直営店にすべきか加盟店にすべきかを再度検討しましょう!

STEP5)お見合い料の有無

次に気にしてほしいのが、お見合い料の有無。

IBJの相談所には、お見合い料【無料】のところと【有料】のところがあります。

お見合い料は、(@2000〜3000円と格安なところもありますが)相場としては@5000〜10000円。

お見合い料【有料】の場合は月会費が低めに設定され、お見合い料【無料】の場合はお見合い料を含んだ月会費設定となっていることが多いですが、どちらがお得かは一概にはいえません。

というのも、お見合いの必要回数は人それぞれで、活動を始めてみないと見えてこないからです。

基本的には、少なめのお見合いでゆっくりマイペースに婚活するなら、お見合い料【有料】の相談所の方がお財布に優しく続けやすい。

逆に、たくさん出会う中で自分に合う相手を見極めたい人や、短期集中的に駆け抜けたい人などは、お見合い料【無料】の相談所の方が動きやすくなります。

参考)お見合い料、有料or無料どちらがよい?

一ついえるのは、計算の上でお見合い料【有料】の相談所を選んでも、やっぱりお見合い料が苦になり、お見合い料【無料】の相談所へ移籍する人が少なからずいるということ。

婚活の見通しに自信のない方は、毎月の費用が固定される、お見合い料【無料】の相談所にしておく方が無難かもしれません。

STEP6)仲人(相談所)の見極め

いよいよ相談所選びの終盤戦です。

  • 種類:結婚相談所(仲人型) or 結婚情報サービス
  • 連盟:IBJ or 他連盟
  • 運営:IBJ直営店 or IBJ加盟店
  • 月の申込枠:●●件
  • お見合い料:有料 or 無料

これらの方針が固まったら、その条件をクリアする相談所を探し出し、最終的に仲人(相談所)を見極めます。

仲人(相談所)の見極め方で大事な点は2つあります。

レスポンスが遅くないか

まず、チェックしてほしいのは、レスポンスが遅くないか。

仲人型の結婚相談所の婚活では、仲人(相談所)が連絡を取り次ぐ機会というのがとても多いです。

お見合いの申し込み・申し受けしかり、交際希望の連絡しかり、相手相談所の温度感等の確認しかり。

この時、仲人(相談所)のレスポンスが遅いと、互いに不安や悪い印象を抱くこともあり、そのせいで無駄に関係がギクシャクしてしまうことも。

また、婚活中にはさまざまな悩みや迷いが生じます。なかには、緊急性の高い内容もあるでしょう。

そんな時、相談しても返事が返ってくるのが3〜4日後だと、「時すでに遅し」「相談した意味がなかった…」となりかねません。

このように、仲人のレスポンスが遅いと、まとまるご縁もまとまらない。究極的には、そのせいで潰れるご縁もなきにしもあらずなのです。

スピード意識に欠ける仲人の元で婚活するのは、致命的。

ココを見極めるために、まずは、無料相談を申し込みんだ際の返信スピードをみましょう。

意欲のあるスピーディーな仲人(相談所)であれば、ほとんどの場合、24時間以内に返事はきます。

もちろん、どんな相談所でも、定休日やメール不具合(迷惑メール入り等)で返信が遅れることはありますので、24時間を過ぎたら一刀両断せよとは言いません。

しかし、特にこれといった理由もなく、平然と数日後に返信を寄越すような相談所は、この時点でナシ判定を下しても問題ないでしょう。

次に、入会後にもきちんと素早いレスポンスをくれるのかどうか。

これは、実際に仲人と対峙してみて、その人柄(気の利いた対応をしてくれそうかどうか、意欲や熱意があるか)で判断したり、気になるなら直接聞くなどしましょう。

仲人との相性

最後に、肝心の仲人との相性の見極め。

当たり前ですが、仲人型の結婚相談所で婚活する以上は、仲人・相談所との相性は非常に重要です。

この相性の良し悪しが、最終的に婚活の成否を分けるといっても過言ではありません。

婚活女子
婚活女子

でも、相性って結局なんなんでしょうか…

具体的には、以下のような判断をしてみてください。

  • SNSやブログ等での発信内容に共感できるか
  • 実際に会って話してみても、違和感を感じないか
  • 悩みや不安を伝えた際の答えが的確だと感じるか
  • 「この人なら大丈夫」「この人に頼みたい」と思えるか

もちろん、これだけで相性が100%保証されるわけではありません。

しかし、婚活するのも自分。努力するのも自分。「ここで婚活してみよう」と仲人を選び、入会を決めるのも自分なのです。

他人のせいにする余地をできるだけ残さず、覚悟を決めて婚活に臨む。

これも大事なことではないでしょうか?

相談所を転々とすることにならないよう、ぜひここで、悔いのない仲人・相談所を選びをしておいてほしいと思います。

宮﨑なお
宮﨑なお

無料相談は、比較のためにも【3社ほど】行くことをオススメします!

さいごに…

今回、あえて最後のステップに「仲人との相性確認」を置きましたが、この順番は逆でも構いません。好きな仲人ありきで、相談所のスペック(連盟や月の申し込み数、お見合い料の有無)をチェックするもよし。ただし、「仲人だけみて、相談所のスペックを見ず」あるいは「相談所のスペックだけみて、仲人を見ず」は、相談所選びの失敗の元になりやすいので、ぜひとも気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です